S.A.建築デザイン一級建築士事務所

酒井美代子のコラム 幸せを感じる読み聞かせの時間

カテゴリー: コラム — 投稿者: S.A.Design — 2010 年 7 月 8 日1:37 PM

今日のお話は、幸せな気分つながりで「幸せを感じる読み聞かせの時間」についてお届けします。

わが家では、毎日幸せを感じる時間があります。それは読み聞かせの時間です。

長女の1歳の誕生日からはじまりました。

ちょうど、断乳の時期と重なって、生活のリズム(食事や睡眠)も大人の人と同じようにしていく頃です。

夜寝るときに、赤ちゃんの頃は、おでこをさすっていると寝むれた子も、いつまでもそうしてるわけにもいかないと思い、何か良い方法は無いものかと考えました。

そこで考えたのが、お布団に入ってからの15分間を読み聞かせの時間にするということです。15分というと幼児用の本で1冊~2冊が読めます。

小さい頃は、内容も解らなかったかも知れませんが、とにかく毎日続けました。

本を読み終え「電気を消すよ、おやすみなさい」と言って電気を消して寝ます。

するとどうでしょう、静かに眠ることができます。だらだらと起きていることも無く寝かせ付けるのがとても楽だと感じました。

これから眠るんだと意識づけが出来て眠りの導入には非常に良いことだと思います。

また、寝てからは朝までぐっすり眠り、夜泣きは一切ありませんでした。

それから次女が産まれ1歳になった頃、絵本の定期購読を始めました。

クレヨンハウスのブッククラブ「絵本の本棚」というものです。
詳細はこちら→ http://www.crayonhouse.co.jp/home/bookclub.html

ご存知の方も多いと思いますが、定期便の申し込みをすると毎月1冊~2冊の本が届きます。いつも届くのが待ち遠しく、届いているのを見つけると「ママ~絵本届いた!!!」と大喜び!

それぞれの年齢にあった絵本なので、読みやすく、親しみやすく、私も一緒に喜んで読んでいます。その他にも「子どもチャレンジ」の本や幼稚園から毎週借りて来る本などがあるので飽きずに続いています。

子供は、何回読んでも飽きません。大好きな本は、本当に何回も読んでいます。

また、本屋さんにも足を運ぶこともあるので気に入った本は購入したり、歯医者さんや病院などで見かけた面白い本は、チェックして購入します。

私が選ぶ本は、読んで面白い本、楽しい本というコンセプトのもとに選んでいます。

悲しい絵本を読んで、寝る前に気分が暗くなってしまっても困りますし、怖い本を読んで眠れなくなるかもしれないので…。

今では、小1の長女、幼稚園年中の次女が読む本を一人一冊づつ選んでお布団に入ります。15分のタイマーをセットして読み聞かせの時間が始まります。

本を2冊読み幸せな時間が終わると、子供と一緒に私も寝てしまいます(笑)。

7年間続いている読み聞かせですが、いろいろと効果が表れているようです。

長女は、空想の世界にいる子で、いつもお人形さんとおままごとなどの「ごっこ」遊びをしています。3歳の頃には、10分間に10個のお話を作り、次から次へと登場人物の変わるお話を聞かせてくれました。

小学校の作文コンクールに応募してみると地区大会では最優秀になるなど、文才が養われたのかなぁと感じて嬉しく思います。また、最近では学校でひらがなやカタカナ、漢字を書くことの楽しさも覚え、自宅に帰って宿題を済ませると絵本づくりに取り組んでいます。

もちろん、お話の内容もキャラクターもオリジナルです。とっても楽しいお話になっているので、関心しています。

子どもの楽しい世界が広がっていることに嬉しく思います。

絵本は、大人が読んでも楽しいですよね!

そして「何歳になるまで、ママが読み聞かせ、やるのかなぁ?」と子どもたちに聞きましたところ…その返事は「ずっと、だよ!」と。

私もいつまでも、幸せな時間が続くといいなぁと思いました。

それでは、また。

酒井美代子